積み木が出来上がるまで

2017.10.27

 

皆さんご存知の通り、10月6日よりhaオリジナル商品“積み木”が販売開始しました。

 

 

積み木は一言で言うと、普通のチェストではなく自分の好きなようにカスタマイズできるチェストです。
>>商品詳細はこちらから

 

棚板の取り付け自由な上に、引き出しの取り付けも自由。

 
更に引き出しの前板は色や形が選べるという付加価値も付けました。

 
この積み木が生まれるまでの私たちの想いとその過程を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

 

お部屋で一番の困りごとはやっぱり「収納」ですよね。

 

どうせ収納するなら、楽しくしたい。

 
機能はもちろんだけど、見た目にもこだわりたい。

 
この想いが私たちの根底にありました。

 

そこでメンバーで何度も話し合って出来たのは、

 

 

「遊び感覚で自分のオリジナリティが表現できる積み木のような収納家具」

 

 

積み木のコンセプトは、

 

「簡単に組み立てができる」

「組み合わせて遊びたくなる形」

「自分だけの組み合わせを魅せたくなる」

 

この3軸から収納が楽しいと思えるような収納家具を目指しました。
さて、どうやってこれを実現したらいいのでしょうか。

 

 

まず組み立てが簡単を実現するには・・・

 

 

こちらはグループ会社の商品開発担当者の協力を得て、カムシャフトというネジを使えば力を加えず簡単に出来るということを教えていただきました。

 

それがこちらです。

 

 

くるっと回すだけでしっかり固定されるネジです。

 

 

更にフラッシュという構造を使って軽さを実現し、女性でもまだ持ち上げる事が出来るように考慮しました。

 

↓ ↓ フラッシュ構造の簡単なイメージ図 ↓ ↓

 

 

中に空洞があり、蜂の巣状になった厚紙を入れることで軽さを実現しているのです。

 

 

そして次に、組み合わせて遊びたくなる形。自分だけの組み合わせを魅せたくなる。

 

 

これを実現するには・・・

 
棚板や引き出しの位置を変える事は、他社の製品にもあるのでそれではhaのオリジナリティは表現できません。

 

では、前板のデザインも自由に選べたらどうだろう。

 

しかもどの前板を選んでも色味が合って統一感が出るもの。

 
そして安っぽくない色味のもの。

 
これを実現してくれる製造メーカーさんを色々探しました。

 

サンプルを作ってもらっては、想像している色じゃなかったり、引き出し自体が重くて危険だと感じたり・・・

 

安い素材を使うと木の風合いが出なくて安っぽくなってしまったり・・・

 

 

でもそこで諦めず、何度も立ち向かってメーカーさんと話を詰め、ようやく実現できる形までもっていくことができました。

 

 

前板は木の木目を残すために薄く塗装を施し、更にあまり見かけないグレーという色味を足しました。

 
高級感に少しのカジュアル感をプラスすることで、誰でもお部屋に取り込みやすいように考慮をしたのです。

 
あぁ、ようやく完成しました・・・・

 
品質試験機関にて試験も行い、ようやく販売することができたわけです。

 

様々な過程を経て、壁を乗り越えて出来上がった積み木。

 

 

自分達がこうしたいと思うものを実現することの難しさを知ったわけですが、

 

一番はやはりお客さまにどう感じてもらえるか、これが大切だと思っています。

 

ですので皆さまの意見や実際の使い心地、またこうあってほしいなど色々な声を聴かせていただければと思っております。

 

SNSを通じて積み木を使ったシーンを公開していますので、気軽にコメントいただければと思います。
そしてもっともっと良いものにみなさまと作り上げていきたいと思っています。

COORDINATE RANKING

    ITEM RANKING

      STAFF BLOG

      ページトップへ